【電磁波】④胎児への影響|電磁波過敏症の科学的根拠

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

Pocket





こんにちは!

ココケンの上村です。

本日もES【電磁波過敏症】でお悩みの方に、その改善方法と最新の知識をお伝えしていきます。

 

 

今日のテーマは電磁波の有害性その④「胎児への影響」についてです。

以前、子どもへの影響が心配な理由をお伝えしました。

成長が盛んな、いわゆる成長細胞に悪影響だったんですよね?

 

まだ読んでいない方はまず、そちらからご覧下さい。

 電磁波【③成長細胞を破壊】子どもが1番心配です。

メルマガに登録して頂ければ、簡単に情報が手に入りますので、良かったら↓のリンクからどうぞ!

  無料メルマガに登録する

 




 

では、子どもが1番成長している時、『胎児』の時は、どうなんでしょう?

 

たった1つの小さな細胞から、私たちの身体を作り、臓器を作り、約10ヶ月という短い時間で外の世界に適応できるまでに成長するこの期間はまさに人生最大の成長期といえるでしょう。

 

 

もしこの期間に電磁波を強く浴びてしまっていたら、、?

 

 

もちろん、影響がない訳がありませんよね。

 

次のような病気への可能性が指摘されています。




電磁波の胎児への影響

  • 小児がん
  • 小児白血病
  • 流産・早産
  • 先天性異常
  • 睡眠障害
  • 学習障害

なかなか恐ろしい事がズラリしていますね、、、。

こんなことを考え始めたら、公共の場でスマホなんてやってられない気がします。

電車で目にする優先座席や、妊婦さんがつけているマタニティマークにはそんな意味が込められていたのですね。

 

もっと皆さんに知って頂きたい!!!

 

 電磁波は胎児に先天性の影響を強く与える。

 

そしてここで今日は一つ、皆さんにお話したいことがあります。

それは、電磁波の影響は、今までなぜか科学的に影響が立証されていなかったという事です。

各電力会社や電化製品メーカーは、この「科学的に立証されていない」という事を武器に、電磁波障害について論破してきました。

しかしながら、先日お話したロバートベッカー博士は電磁波障害について10の大罪があると発言したり、アメリカのウィリアム・レイ博士は、患者が訴える電磁波症状を13にまとめて「電磁波過敏症」と名付けました。

電磁波過敏症13の症状

電磁波過敏症を具体的に言うと、

  1. 目の症状:見にくい、目が痛い、目がうずく
  2. 皮膚の症状:乾燥する、赤くなる、湿疹
  3. 鼻の症状:鼻づまり、鼻水
  4. 顔の痛み:顔がほてる、むくむ、水泡、ひりひり感
  5. 口の症状:口内炎、歯周病、メタリックな味がする
  6. 歯や顎の痛み
  7. 粘膜の症状:乾燥、異常な喉の渇き
  8. 頭痛:頭痛だけではなく記憶喪失やうつ症状まで
  9. 疲労:異常な疲労、集中力の欠如
  10. めまい:気を失いそうな感覚、吐き気
  11. 関節痛:肩こり、腕や関節の痛み
  12. 呼吸:呼吸困難、動悸
  13. 痺れ:腕や足のしびれ、麻痺

この電磁波過敏症というものは正式な病気ではありませんが、WHO(世界保健機構)で、もうすでに認められている症状です。

つまり、「科学的に立証できていないという時代では、なくなってきている」ということです。

電磁波過敏症については、今後のブログで具体的な内容に触れていきたいと考えています。

 

 WHOが認めた電磁波過敏症は、なぜか科学的に立証されていない。

 

このことについ

て、僕はずっと疑問でした。

なぜこれだけ苦しんでいる人がいるのに、今まで科学的に立証しなかったのでしょうか?

そしてなぜこうも、欧米諸国と日本との間に、電磁波障害に対する考えで、温度差があるのでしょうか?

整体院に来られる方も、電磁波の事なんて知らない人がほとんどです。

ですが、上記した電磁波過敏症13の症状は、皆さん一度くらいは経験したことがないでしょうか?

 

悲しい現実として、もしあなたの症状の原因が電磁波なのであれば、その他生活習慣や食事、運動、仕事や人間関係をいくら改善しても、あなたの不調は改善しません。

 

であれば、原因となりうる電磁波について、もっと積極的に研究されたり、報道されたりするべきだと、普通の感覚としては考えると思います。

 

しかし、いろんな社会的な問題や利権を考えた時に、なんとなく答えが見つかったような気がします。

 

ここから先は、僕の主観なので、興味のある方だけ聞いていただければと思います。

 




『電磁波が身体に悪影響である』となったほうが、かえって困る人が多い

という事です。

 

これは決して皮肉を言っているわけではなく、例えば電磁波の問題が大きく取り上げられすぎてしまい、電化製品が世の中から無くなっていくとしたらどうでしょう。

僕はこのブログをパソコンで書くことはできませんし、当然皆さんも読むことはできません。

そして、家電メーカーや電力会社でお勤めの方や、そのご家族の未来はどうなってしまうのでしょう。

そうです。これは社会全体の問題になる訳です。

 

 『電磁波が身体に悪影響である』となったほうが、かえって困る人が多い。

 

これから、電磁波障害についてこういった事実も考えながら、でもこのブログを読んでいただいている皆さんの生活において、最良の選択をしていけるように、「科学的根拠に基づいたもの」を中心にお伝えしていければと考えています。

まとめ


 電磁波は胎児に先天性の影響を強く与える。
 WHOが認めた電磁波過敏症は、なぜか科学的に立証されていない。
 『電磁波が身体に悪影響である』となったほうが、かえって困る人が多い。

電磁波に関する記事についてまとめました。

詳しくはをご覧下さい

 【電磁波】過去の記事まとめ

 

それでは今日はこの辺で!
皆さんの健康と幸せのために(^O^)
ココの上村でした!







ココの健康実践教室 メールマガジン登録はこちら

ココの健康実践教室
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

Powered by メール配信システム オレンジメール

ココケンプレミアム

ココケンプレミアムを読むには?

↑↑↑上のリンクからnoteでパスワードをご購入いただいた方のみ、ご覧いただけます。

おススメサイト紹介

話題のファスティングにはこれ!!プロが勧める酵素水
こちらのサイトでは、ココケンもおススメする酵素水を紹介しています。
年末の大掃除に!!ナチュラルクリーニングでヘルスケア
こちらのサイトでは、ナチュラルクリーニングで必要となる最新の掃除用具を紹介しています。 いろんなグッズがある中で、より使いやすく、より安全なものが選びやすく教えてくれます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください