【ファスティング】こんな時にはファスティング!!|風邪編|病気が治るとは?

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

Pocket





こんにちは!

ココケンの上村です。

本日もファスティング【断食療法】によってES【電磁波過敏症】やCS【化学物質過敏症】、その他の痛み・不調を改善する方法をお伝えしていきます。

 

前回このテーマでは、酵素断食の具体的な実施法をお伝えしたと思います。

 

一言で酵素と言っても、いろんな種類があるというお話しでしたね。

 

その事を知らずに闇雲に酵素を摂っても、目的に沿ったファスティングにならないというお話でした。

 

 

まだ読んでいない方は、前回の記事からご覧下さい。

 【ファスティング】酵素断食の実施法その2|意識するべき3つの酵素

メルマガに登録して頂ければ、簡単に情報が手に入りますので、良かったら↓のリンクからどうぞ!

  無料メルマガに登録する




今日は、ファスティングによって具体的にどのような病気や症状に効果が出てくるのかお伝えしたいと思います。

 

また、この記事を読む事で、ファスティングによる感染症予防の有効性を知る事ができます。

 

なんせ今、インフルエンザめっちゃ流行ってますよね。

 

ワクチンが足りてないとかどうとかですけど、これだけの人がこの時期ワクチン漬けになってるのに、どうして毎年毎年流行るのでしょうか?

 

もっと有効な、本質的な予防法があるのではないでしょうか?

 

今日の話はそんな風邪や感染症に関する新常識をご提案したいと思います!

 




風邪を治す薬は、根本的にありません。

 

お薬を使いその症状を抑えて自然治癒力で治すということが、今の西洋医療の考え方です。

 

そう、自然治癒力で治すのです!!

 

症状では、熱、咳、鼻水などが典型的な症状です。まずその症状はなぜ出るのかという事を考えなければなりません。

 

それは簡単に言うと、【治癒反応】ということです。

 

要するに治る過程で、治す為に出る反応なのです。

  • 熱を出すことでウィルスと戦う。
  • 咳、鼻水を出すことでウィルスを外に出す。

つまり、症状と呼ばれるものは、ウィルスを退治し、ウィルスを入れないための反応なのです。

ウィルスを身体に入れない為に働く機能こそが、自己免疫機能という事なのです。

 

 風邪や感染症と戦う機能(自己免疫機能)は誰にでもある。

 

それがもしお薬などで症状をとめてしまうと

お薬で症状を抑える

  • 熱、咳、鼻水など、ウィルスと戦ったり外に出す作用を止める。
  • ウィルスなどを身体にとどめてしまう。
  • 慢性化、不定愁訴が続く。

これではなかなか治りませんよね?

 

 

もしお薬ではなくファスティングをすると

ファスティングで免疫力アップ

自然治癒力で熱が下がる

という事になりますし、

咳・鼻水

ファスティングで解毒・排出能力アップ

ウィルスを外に出す。

要するに、治る力が高まるのです。

しかしながら、自分の子どもが熱や咳・鼻水で苦しんでいて、夜も眠れない。勉強に集中できない。など、明らかにその人の生活を苦しめている場合に、一時的にお薬を使って症状を緩和させてあげる事はそれはそれで必要だとも思います。

お薬とは上手に付き合って、症状が治まればすぐに中止することが僕のお勧めです。




 お薬を飲むとウィルスと戦う機能(熱や咳など)を止めてしまう。

子どもが風邪の時に病院に行くべき基準とは?

これは、賛否両論あるとは思いますが、ご家庭である程度決めておくべきだと思います。

ちなみに我が家は、自然派医師の本間真二郎先生の考え方を参考に、息子が風邪を引いて鼻水や熱が出てもすぐに病院には行かない事を決めました。

その内容は

①機嫌が良いか?

②元気が良いか?

③水分が取れているか?

です。とてもシンプルですが、これで子どものほとんどの事がわかってしまいます。

①機嫌が良いか?⇒精神面の安定

②元気が良いか?⇒身体面の安定

③水分が取れているか?⇒生理的安定

これを基準にする場合、普段から子どもをしっかりと観察して、本当に調子の悪い時はすぐに受診できる体制を作らないといけません。

そして、きちっと基準を作って、こうなったら行く、お薬を飲む、ということを(医師とも相談して)あらかじめ決めておきます。

これは今後のブログで、また近いうちにご紹介しますね!

 病院に行く基準は①機嫌が良いか?②元気が良いか?③水分が取れているか?

 

まとめ

話がファスティングから少し逸れてしまったのでまとめると、ファスティングは

  • 免疫力の強化
  • 解毒効果
  • 排泄効果

を高めてくれます。

なので、風邪によるウィルスや細菌と徹底的に戦う体勢を整えてくれるということです。

もしそこに過食があると、

肝臓や消化管に負担がかかり、血流がそれらに集められることになります。

それでは、本来血流を集めて戦うべき体勢を作る事ができないということですね。


 風邪や感染症と戦う機能(自己免疫機能)は誰にでもある。
 お薬を飲むとウィルスと戦う機能(熱や咳など)を止めてしまう。
 病院に行く基準は①機嫌が良いか?②元気が良いか?③水分が取れているか?


 

過去のブログでも、これらの事実については、細かく説明しています。なので、今までにこのブログでご紹介したようなことは、しっかり押さえておいて下さいね!

こちらからファスティングの記事のまとめをご覧になれます。良かったらまずはそちらから覗いてみて下さいね!

 ファスティング記事まとめ

それでは今日はこの辺で!
皆さんの健康と幸せのために
ココ上村でした(^O^)







ココの健康実践教室 メールマガジン登録はこちら

ココの健康実践教室
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

Powered by メール配信システム オレンジメール

ココケンプレミアム

ココケンプレミアムを読むには?

↑↑↑上のリンクからnoteでパスワードをご購入いただいた方のみ、ご覧いただけます。

おススメサイト紹介

話題のファスティングにはこれ!!プロが勧める酵素水
こちらのサイトでは、ココケンもおススメする酵素水を紹介しています。
年末の大掃除に!!ナチュラルクリーニングでヘルスケア
こちらのサイトでは、ナチュラルクリーニングで必要となる最新の掃除用具を紹介しています。 いろんなグッズがある中で、より使いやすく、より安全なものが選びやすく教えてくれます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください